ビジネス書 4


上の本は古いですが一応載せました。^^;
下の本は、わかりやすいです。前の日報と両方知っとくといいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「どこでもオフィス」仕事術―効率・集中・アイデアを生む「ノマドワーキング」実践法    中谷 健一

●第1章 会社員でも実践できる「ノマドワーキング」
・働く場所を自由に選ぶ時代
・集中できる場所がデスクとは限らない
・ロケーションフリーという発想
・働き方は進化している
・膨大な「無駄時間」をなくす
・快適な空間は仕事を楽しくする
・家族との時間を作り出す
・街に出ればインサイト・リサーチができる
・外だとアイデアも浮かびやすい
・情報漏えいのセキュリティに要注意
・ノマドワーキング」実践法

●第2章 ノマドワーキングの「基本ツール」
・ノマドワーキングの3大基本ツール
・外で仕事をする際のカバンの中身
・会社と外をつなぐクラウド
・ネットにあげれば、どこでも閲覧できる
・スマートフォンは情報のハブ
・「どこでもオフィス」の作り方

●第3章「オフィス環境」の選び方
・仕事の内容でオフィスを使い分ける
・大前提は「無線LAN」と「データ通信サービス」
・電源の確保
・イスとテーブル
・価格とアクセス
・席を離れるときの「トイレ問題」
・目に見えない快適さ
・コンビニで「どこでもプリントアウト」
・ビジネスサービスセンターでプリントアウト
・ファックスも「どこでも送受信」

●第4章 「デジタル管理」で情報は活用できる
・情報はデジタルで管理すると、どこでも活用できる
・デジタル管理の4つのメリット
・情報を活用する「CSESサイクル」
・究極のキャプチャー力「テキストエディター」
・ツリー型でメモすると話の構造が記録できる
・「エヴァーノート」で360度キャプチャー
・デジタルとアナログの「ハイブリッド術」
・紙の書類をデジタル変換する
・ストックはクラウドに投げ込むだけ
・素材を形にする「エディット」
・「シェア」はますます進化している
・アクセスしやすい環境作り

●第5章 仕事とオフィスの「マッチング」
·自分にとって「調子のいいオフィス」をいくつか持つ
・オフィス・ルノアール(左脳系)
・電源が確保され長居もOK
・疲れない居心地の良さ
・精緻な企画書作りに最適
・オフィス・スターバックス(左脳系)
・オフィス・ドトール(左脳系)
・オフィス・マクドナルド(右脳系)
・頭の冴えた朝時間を活用
・オフィス・ファミリーレストラン(左脳系)
・オフィス・ステーション(右脳系)
・オフィス・トレイン(左脳系&右脳系)
・オフィス新幹線(左脳系&右脳系)
・レンタルオフィス・自習室(左脳系)
・オフィス・ネットカフェ(左脳系)
・オフィス・パーク(右脳系&コミュニケーション系)
・オフィス・カラオケボックス(コミュニケーション系)
・オフィス観光地(右脳系)
・オフィス・ホーム(万能型)

●第6章 働き方を進化させる「クラウド活用術」
· デジタルツールで個人の働き方は変わる
 大容量がノマドに最適の「Gメール」
·すべてのメールを一元管理
. チームで共有する「グーグルドキュメント」

. スケジュールの共有「グーグルカレンダー」
·情報の予備ストック 「はてなブックマーク」
·共に学ぶための「スライドシェア」
·学びを共有する「ソーシャル勉強法」
·ブログとリンクさせてつながる
·ユーストリームでライブ中継
.自然とネットワークが生まれる「フェイスブック」
· 勉強の成果を共有する「ソーシャル英語勉強法」
·セルフブランディングの時代へ

あとがき

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


すぐやる、すぐできる人の実践PDCA          日沖 健


PART 0 計画も、振り返りもない仕事は、今日で終わり!

PDCAへようこそ
PDCAがビジネスと人生を左右する
PDCAが連呼される不思議
私がPDCAのコツを掴むまで
メソッドの確立が成功のコツ
自分に合ったメソッドに意味がある

PART 1 PDCAがビジネスと人生を変える

1 PDCAって何だろう?
2 PDCAと成功の深い関係
3 どういう場合にPDCAが必要なの?
4 PDCAの厳しい現実
5 PDCAを習慣化しよう
6 メソッドが習慣化のカギ
7 PDCAでビジネスと人生を変えよう

PART 2 自分に合ったメソッドの確立

1「まずメソッドについて知っておこう
2 良いメソッドの条件
3 管理項目を設定しよう
4 管理ツールを選ぼう
5 自分に合った管理ツールを選択しよう
6 ルールを決めよう
7 メソッドも改善し、進化させる

PART 3 明確なゴールと計画の設定

1 目標が持つ偉大な力
2 良い目標を立てよう
3 目標を具体化·見える化しよう
4 計画を立案しよう
5 スケジュールは見える化がポイント

PART 4 できる! 実行·評価·改善の実践
1 順序を決めて実行しよう
2 まずスタートを切る!
3 達成水準を見極めよう
4 短サイクルで評価しよう
5 成功·失敗の原因を分析する
6 改善し、成果を実現しよう
7 PDCAで成長する!…

PART 5 PDCAの達人になる十か条

第1条、良い問題、を捉える
第2条 キャリア目標を鷹揚に考える
第3条 パレートの法則を意識する
第4条 時間管理に卓越する
第5条 モチベーションを維持し、高める
第6条 最高の集中カを発揮する
第7条 他人と協力して大きなことを成し遂げる
第8条 幸運を自覚しよう
第9条 合理的に目標を断念する
第10条 勝ちパターン,を作る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント